2006年06月30日

世界オトコマエだより

オシムのことについて特に語るべきことはないが、今の世間を見てると、Jリーグ弱体化の理由が分かる気がしますね。
基本であるはずの国内リーグを軽んじるような国の代表の行く末は果たして。


さて。
W杯とリーグの隙間をぬって新カテゴリをさりげなくフェードインさせるよ。

ZOA連から改名させたその名もS(世界)O(オトコマエ)A(愛好家)連盟。

取り扱い範囲を日本から全世界へ広げ、更なる飛躍を目指します(私一人で)

そしてその第一弾はSOAにふさわしくアメリカのオトコマエです。



彼の名はブライアン・タナカ
タナカというからには日系なのだろうがハーフなのかただの日系なのかは不明。



彼の姿は以前紹介したデスチャDVD「Live In Atlanta」で見ることができます。

正確に言うとそれ以外で見る機会はほぼない。



彼はデスチャの、バックダンサーさんであります。

ダンスソロで「TANAKA」と出ていたので「お、日系人がいるんだ!」と思ったのがそもそもの始まり。

あくまでもバックダンサーなので画面に映るのはホントにわずかな時間だけど、彼は結構実力があるのか女性バックダンサーではなくメンバーの相手を務めることが多く、そのため時々画面で顔が確認できるのだが、意外とこれがカッコイイのよ。

BabyBoyではビヨンセ様と密着しております。
ちなみにソロの登場シーンではビヨンセ様の靴をお持ちする従者の役である。(見たことない人には分かりづらい状況だが)
いやいろんなコスプレ衣装で踊ってるのもいいが、従者の時はちょっと幼く見えてそれも良い。



顔はちょっとモデル風味だし、日系のせいか他のダンサーに比べて体つきもやや細め。

他が皆ごっついマッチョなので、ブライアンの細身でたくましすぎない風貌は遠めにもちょっと目立つ。
なんせ彼以外は全員黒人だからね。



そんな彼の画像がこちら。



ビヨンセ様の横で一番目立ってる時のブライアン.jpg


といってもよく分かんないよなぁ〜これじゃ;
LOSE MY BREATHでは全員白Tシャツにブルーデニムという非常にシンプルな格好をしてるんだけどその着こなしがまたナイスなんだが。


ビヨンセ様ソロのウェンブリー公演でもダンサーはほぼ同じ面子だったと思うんだけど、一人だけ金髪の彼がブライアンなのか、まだ確認できていない・・・

あ、ちなみに女性のバックダンサーで一番のお気に入りはメラニーたん。
彼女こそ究極のエロカッコイイだぬーん。




そんなブライアンだが所詮彼はアメリカのバックダンサー。情報が入るわけもなく。

いやそこまで血眼になって彼の情報を集めてるわけでもないし。



いまだに謎のイケメンとして私の心を捉えて離さないブライアン・タナカ。

そんな彼をSOAは応援しています。




続きを読む
posted by ゆきこ at 23:31| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | SOA連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

発症

新監督の話題で騒がしい今日この頃。

学生ほどではないにせよ、やはり指導者・監督って大事だな〜と。

次期代表の監督がどうなるか静観するしかないけど、正直あの公表の仕方はうっかりなのか意図的なのかどちらにせよ好感は持てませんな。
もともと川渕に好感はもっていないが


オシムジャパンはとても魅力的な響きだけど、いやジェフの立場(選手もサポも)はどうなるのっていう。実現したら素敵だけど・・・

これ千葉もハッキリ文句言うなら言いわんと協会の連中ますます調子にのるよなあ。
協会がシーズン中にクラブの監督持ってくってどんだけ傲慢だよ(´Д`)

まあその点セレーゾの次にアウトゥオリがやってきた鹿島は幸せですわ。



ところでオーストラリアが次からアジア連盟に入るということで、決定される前からずっと疑問だったんだけどそれってどうよ。

いやいやいや。おかしいでしょ。

どこ切り取ってもアジアじゃないじゃん。

ただでさえ収集つかない広域なのにこれ以上ややこしくすんじゃねーよ!

しかも今大会見てるとプレーが荒いような。選手壊されたらたまんないんですけど。





さて、ここ最近調子悪いと思っていたら手足口病を発症したもよう。
これって子供のなる病気じゃなかったっけ・・・
あたしこれやるの3回目とかなんだけどたらーっ(汗)
毎日ダルくてダルくて・・・


それはともかく今週末からのバーゲン楽しみ〜
posted by ゆきこ at 21:39| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ごちゃまぜ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

そしてまた日常へ

W杯はまだまだ続いていますが日本が敗退した為サムライブルーのテンプレはおしまい。


これからは新監督の話題になるだろうけど、そういえば新監督になってすぐの8月のアジア杯予選が新潟であるんだっけ。
見に行って見ようかな・・・でもメンバーにもよるよなあ・・・


その新監督、協会のひとが「ブラジル人以外で」といってるらしいんだけど、まあどこの国の人かは別にこの際どうだっていいんたけど、結局サッカー協会は「日本代表」というチームをどうしたいのか。
ちょっと疑問に思う今日この頃。

トルシエのあと正反対のジーコを選んで結局本番で思ったようにいかなかったらまたヨーロッパへ。

そうじゃなくて、トップにたつ協会がこの先日本代表をどういうチームにしたいのか、どういうサッカーをする国にしたいのか、そのためには今どの地点にいてどういう強化が必要なのか、そういったものをはっきり示してくれないと。

協会がしっかりぶれずに軸を持っていないとこの先待ってるのは間違いなく迷走だよ。

選んだ監督のしたいサッカーにあわせるんじゃなくて、日本がやりたいサッカーを理解してあわせてくれる監督を選ばないとダメなんじゃないの。

お金をかけてイベントいっぱいしかけてマスコミと国民を騒がせて、それが本当に大事なことなんだろうか。



ま、代表の話はここまでにして。
みなさん、今日は7月のアウェーアルビ戦のチケット発売日ですよ。
私は週末にお金をおろしたくない人なので(手数料払うのがいや)月曜買おうかなあと思っておったんですが、どうだろう、そんな数日で完売はしないよなあ平日ナイトゲームだし。


ところで昨日からビヨンセ様のニューアルバムカウントダウンクロックをおいてみました。

おまえW杯の時はおいてなかったくせに!って話だけど、まあしょうがない手間の問題ですから。
W杯のヤツ登録とか色々面倒そうでさ。

アルバムの発売日はまだまだ先の話で今から騒ぐことじゃないんだけど(笑)
でも先行曲の「デジャヴ」が結構かっこよかったので楽しみ。
着うたもダウンロード済みだし。
クロックをクリックすると特設サイトへとべてCMが見れるんだけど、公式サイトでイントロから1コーラス聞くとCMと印象が違ってて、絶対イントロから聞く方をオススメするね私は。


今ハマってる小説のアニメが土曜の午前中衛星でやってるらしいのでこれから土曜日は午前中から起きることになりそうな予感です。
posted by ゆきこ at 17:00| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ごちゃまぜ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

たかだかこれは フットボール

いわゆるこれがフットボール
泣いて 笑って 命を燃やして


桜井さんもそうおっしゃってます。


「手を出すな!」は民放各局のテーマソングの中で一番好きな曲。
サウンド、歌詞ともにまっすぐじゃない、甘くない感じがいい。

サッカーに対する葛藤、矛盾、ある種の滑稽さ、そして途方もない情熱が、いい。

仕事があるからブラジル戦はあえて無理はしませんでした。
だから試合について何も言うことはない。

ただ、今後また噴出すであろう「責任がどこにあるのか」とかそういうくだらない話は聞きたくない。
何度もいうけど、誰かのせいでこうなったんではなく、日本サッカーの現状はこれだ、ということ。

持ってる力を出し切れなかったと、思う人が多いだろうか。

だとしても、本番でだせないならばやっぱりそれこそが実力ではないか。

アウトゥオリ監督がいつか言っていた
「どんなに才能を持っていて練習でいいプレーをしても、本番でどれだけできるかが大事なんだ」
そんな言葉を思い出す。


別にこれで終わったわけではないんだからいいじゃないか。
たとえ30過ぎてようとも、目指せばいいじゃないか2010年。

ドイツで戦ったメンバー達は日本に帰ってくるのは気が重いだろうけど、
彼らにはやってもらわなければいけない事が沢山あるよ。
思い出したくないかもしれないけど、この結果に正面から向き合ってもらわなければ。
ドイツで得たものを、日本に持ち帰ってもらわなきゃいけない。
なにを感じたのか、Jリーグで教えてもらわなければならない。

やることは沢山ある。
立ち止まってる暇なんかないのさ。



さ、この青いテンプレも今日が最後だ。
posted by ゆきこ at 23:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

コエンザイマーF

世論の流れにいい加減ウンザリしつつこんにちは。
敦さんが本調子じゃないのは画面越しでも窺えるし、巻君の出場も楽しみなのでブラジル戦はそれでいいと思います。
チャンスを外す云々以前にチャンスにあまり絡んですらいなかったFWでなく敦を外すんですね。

ブラジル戦が迫っていますが、奇跡が起きるにはそれ相応の頑張りが必要で、そう簡単にはおきてくれません。
なので諦めたりはしないけど、奇跡を信じたりしてるわけでもない今日この頃。

むしろジーコがブラジル代表の合宿地、もしくは試合直前のロッカールームにふらっと現れ「俺達、勝ち点まだ1しかないんだ」(ニッコリ)
といって皆の肩をたたく。

これしかないんじゃないかと。




というかぶっちゃけ22日のJビレキャンプを前に、W杯モードだったうちの3,4割は既にアントラーズに切り替わっちゃってるんだけど。次のFREAKS楽しみ〜。
やっぱり時差も距離もあるところでやってる外国同士の試合にはあまり興味がわかないみたい。


ということでアントラーズの話題もフェードインしつつ色々エントリーする予定だったのだけど、昨日は私にしては珍しく(?)イライラしていたのでなんとなく記事を書いたままにしてあります。

誰か一人が機嫌が悪くなったら周りがいやな思いをするのは家庭も同じなので、私は普段家族に対しても滅多にテンションの差をみせないんだけど。
昨日はどうにもイライラしていて、駄目でした。どうしちゃったのかしら。

それもまあヤフーの無料動画で「THE 3名様」を見て癒されたけど笑
いやーいい感じにくだらないっすね(誉め言葉)DVD欲しい。


そうそう昨日職場で帰り際TVを見たら県内ニュースでうっちー見ました。

音声は聞こえなかったけどどうやら入団会見だった模様。鹿島時代の映像も流れてて懐かしくなりましたが。
オレンジユニに袖を通していたうっちー。特に違和感もなかったように思われ。

で、7月9日はどうにかサテ戦に行けそうな見通しがたった。
あとは同行者様の車と天気次第でございます(笑)
翌週は週末仕事で泊りがけになるかもしれないので、その分の代休で26日のリーグ戦もいけそうだし。
あー今から7月が楽しみだなー。


さて、最後にちょっとはW杯らしい話題も。
先日イングランドの試合を観戦に来ていたベッカム家次男坊の写真を見たんだけど、小さいのにやっぱり父親に似てるわ。
超可愛い・・・!ぴかぴか(新しい)目元が父親にそっくり。
長男は確か母親似だった気が。(三男は知らないけど)どちらに似ても将来有望ですね。
興味のある方は右記リンクよりABC振興会さんへどうぞ。6月15日あたりの記事かな?






posted by ゆきこ at 16:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ポジティブでもない ネガティブでもない 

諦めるヤツはさっさと諦めればいい。
批判や文句しか出ないくらいなら見るな。
本人も周りの人間も気分が悪い。

さて第二戦。
中田と川口、2人のくぐり抜けてきた修羅場がどれだけのモノだったかを思い知った試合だった。
その他の選手もいくらか若いとはいえ経験は色々としてきたはず。
でもやっぱり彼らはエリートだったのかもしれない。
2試合を通していつもの自分を取り戻せないツネの姿は見る側を動揺させる。


川口の神懸かりセーブにこれいける!と思った。
          ↓
しかしどうにも攻めきれない状況にもしかしたらスコアレスかも…と思い始めた。
          ↓
後半イナが入ってからの流れにこのまま点をとれれば大丈夫!と思い直した。
          ↓   
しかし打てども打てども互いに惜しい所で決めきれない流れに点が入る予感がしなかった。
          ↓
結局嬉しくないけど予感は当たってスコアレス。

そんな試合でした。

久々に「ウチの柳沢がどーもすんません」と言いたくなるような場面もあったしね。
それはホントにね、どーもすいませんでしたよ。


でも敦一人のせいじゃないと、これだけは言っときたい。
敦一人だけじゃないし他の誰か一人だけじゃない。
全くどうして戦犯を祭り上げたがるのか、責任をなすりつけたがる国民性かしら。

ま、普段日本のサッカーに見向きもしない奴があーだこーだ言う、それがワールドカップというものだと諦めるしかないが。


俊輔は爪がはがれた上に高熱だったとか。
彼の事だから落選した選手の事や、信頼してくれたジーコの事、背番号10の重みを感じながらプレーを続けていたのだろう。
でもそんな時こそ自分一人で背負わないで欲しい。もっと仲間を信頼して頼って欲しい。
信頼を得られなかった方が悪いと言われればそれまでだけど、満男も加地君も、もっとできたと思うんだよ。
もっと彼らに任せても良かったと思うんだよ。

初めて90分間W杯でプレーした満男さんはどんな気分だっただろうか。
今はもう次の試合のことしか考えてないだろうけどさ。


ここまできて今の状況を、さあ開き直るのか、それとも更に重たく感じるのか。
今の代表には後者の匂いを感じつつどうにか立て直して欲しいものです。

つうか重い。何か重い!©モー子
今の日本代表はなによりも本人達が連ドラ時代のバンビ並に重いよ。
もっとこうマスターとかアニみたくはじけていこうぜ。

アントラーズ関連のことはまた別エントリーで書くとしてとりあえずアツトは気をつけて遠征に行ってらっしゃい。
おなかこわしたりじんましんだしたりしないでね。
生水飲んだらだめよ。
シドニーではお兄さんたちの仇をとっておいで!
posted by ゆきこ at 21:48| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

世界の祭典を満喫していない

なぜなら普段の睡眠を削るほどには海外に興味がないから・・・!

10時からの試合で興味のあるカードだったら見るけど、それすら時々忘れる。そして見たとしても後半は音だけ聞いて別のコトをしていることが多い。
時差がなかった前回は毎日夕飯から夜はTVでなにかしらの試合をつけていたんだけど。


ところで関西方面のピンクいチームにスペインはマジョルカから助っ人FWがやってくるそうで。
これまたアントラーズにとっては嫌な予感満載ですなあ。

とりあえず今はどうやったら7月9日26日と続くわたしダービー2連戦新潟の陣に参戦できるかが目下の悩み。

9日は休みだからフツーに行けそう。
できれば誰か一緒に行ってくれると嬉しいがまあサテ単独参戦は3月に経験済みなので無問題。
26日は平日ナイトゲーム三日月という条件で果たして鹿島サポーターは来るのか・・・?と不安に思いつつも「普段役に立たない地方サポはここで活躍せねば!」という気もしてくるわけで。

他の皆さんがこれないのであれば新潟在住の私が頑張りますよ!


で、話は日本代表に変わって、今日になっていっせいにシステム変更が報道され始め、前回あれだけ言っといて何だけどいざ満男さんの話になるとどうも緊張してしまいますね。
いや私が緊張したところでどうにもなるものじゃないけどー。
去年の最終予選と同じこの緊張感。これでこそワールドカップ。うけてたとうじゃないか!
うそ。ちょっとだけびびってる。

初戦から出してくれりゃいいのに、こういう困ったときだけ過度な期待を寄せるのはやめていただきたいねまったく。

加地君なんてこれまで気持ちいいスルーっぷりだったのに突如救世主扱いだよ。


今日は帰りに歯医者に行って抜糸。抜歯じゃなくて抜糸のほう。
ただでさえ華やかさのない顔なのに顔が腫れて下膨れみたくなってる状態の私はそれこそなにひとつ誉めどころのない可哀相なありさまでした。
抜糸は痛かったけど結構楽になりました。
posted by ゆきこ at 23:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

アンチが騒ぎ出しそうな試合 W杯初戦

怪我以降、募っていた加地君への思いが今、頂点に達しようとしている自分がいます。
これはもうちょっとした恋じゃないかと思うくらいに加地君への思いが募る日々です。

ちなみに昨日の夢には巻誠一郎さんが出てきました。(何故なのかは自分もよく分からない)


そんなW杯初戦、会社そばにある映画館でパブリックビューイングやってたのでそこでみてきました。

3番マツダユニのギャルがいたり後方からアニメ声でコールが聞こえたりするところでした(・・・)

それはともかく、会場内に地元TVの取材陣もいてその中に以前飲み会で会った他局の報道記者さんがいて、なんなら1対1で結構喋った人で、それは確かに憶えてるんだけど、どーしても名前が思い出せない。(凄く困る状況)

結果なるべく近づかないことにしました。
まあ向こうは仕事中だしね。と自分を納得させる私であった。



続きを読む
posted by ゆきこ at 18:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

モード切り替え・・・でもその前に

今日歯医者行ったら、抜歯するのは分かってたんだけど、気付いたら上下2本抜かれてて、今、めっちゃくちゃ痛い・・・どんっ(衝撃)

血、止まらないし。

なんで一度に2本も抜いたんだよーそりゃ手術中は麻酔してっから1本だろうが2本だろうが同じだけどさ。
その後が痛いじゃないのよ。


さてさて、アントラーズの皆が気持ちよく準決まで進んでくれたおかげで、気持ちよくW杯モードに入れます。
普段海外なんてあまり見ない私ですがさすがにW杯くらいはねえ。


・・・と思ったら。


うっちーが新潟に来るんですと!

あーいや、なんていうか、まあ去年から今年にかけての状況を思えば分からなくもないけど。


うっちーの移籍自体よりも、両サイドを一度に放出するその潔さにビックリしたんだよ。(ナラハシさんがいますけどね)
鹿島フロントのその自信は一体どこから出てくんのよ、と。
例のブラジル人は決定?そんなに凄いヤツなの?

どちらかというとうっちーがいなくなる可能性は考えていた。
だからこそこないだのイシ君の移籍には驚愕したんだけど。

いやまぁイシ君とうっちー、個人的な思い入れの差がないとはいいませんが(すなおなわたし)
でもそれ抜きにしてもイシ君の時よりも「やっぱりな」とういう感じもする。



しかし完全移籍。これでもう戻ってくることはないのね。
新潟では概ね歓迎されているようです。少なくとも大谷の時よりは。
確かに彼は地味に経験かなり積んでるから。
それが役立つといいね新潟では・・・

ちなみにイシ君もデビュー戦はだいぶ荒れたようだがサポーターからの評価はなかなかのようで。
ラモスも褒めてくれていた。去年の12月から狙っていたのには驚いたけど。
緑ユニもフツーに着こなしていたようで。
くそぅ悔しいな。
貸すだけだよ!くれてなんかやらないからね!
posted by ゆきこ at 02:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

拳をつきあげろ!

やった!やった!ガンバに勝った!!


試合内容はどうだったのかテキストでしか分からないけど、やー何気に嬉しいぞ。

今日は雨も強かったみたいで、現地組の皆様本当にお疲れ様でした。
でも今日行ったひとたちは勝ち組!

なにより今日はイバにおめでとうだな〜。
試合後の挨拶でガッツポーズ?をしてたとか。(聞いた話だけど)
うんうん、良かったね。若いチームを引っ張ってくれてありがとう。
こないだの野次の件もあったから今日はどうしても勝たせてあげたかったんだけど、実現してよかったさー。

そしてアレックスに感謝。
私達を魅了してやまないアレックス。素敵だ。

試合を見てないのでなんとも言えないけど、たけつん&フェルナンドが復帰するなかでチュウ君の成長も心強いものです。
2人にはまだ及ばないかもしれないけど、2人とも万全の状態ではないわけだから誓志と一緒にポジション争いを活性化していただきたい。


しかし第一戦前にメンバー見た時はとても勝てねえんじゃないかと思ったけど、代表メンバー不在の影響は意外にガンバのほうが大きかったのかしら?

なにはともあれ久しぶりのガンバ戦勝利。
久しぶりの4強。
こんなに嬉しいことはない。

できれば田代さんの出番があればもっと良かったけど!


凄くアントラーズにパワーを貰ったよ。
セレーゾは広島にとられずにすんだし(地味に嫉妬していた)

さあこの勢いで明日仕事帰りに親不知の抜歯だぞ!(えええ)(無理がある)

posted by ゆきこ at 22:21| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

鈴木さん三十路記念

1週間ほど更新サボってたら色々あってなにから書いていくべきか。

そもそもこのタイトルと本文は全く関係ないうえに既にとんでもない今更感が漂っているがこの記事を書き始めた時はまだ鈴木さんの生誕30周年当日だったのでしょうがない。
他に思い浮かばないんだものー。


金曜土曜と2日続けて飲みビールに行って帰宅したのが深夜2時とか3時だったので週末に関してはほとんど世の中についていけてないんだけど(笑)
金曜は業界の集まりで各社から新卒と2年目(時々3年目も)が集合。結構面白かった。
土曜は昨夏以来に会う友人Kと。
本当は去年の記事でプリクラを載せた3人で会う予定がH子が残業のため来れず、結局2人に。

ナビスコは正直期待してなかったんだけど、最低限とはいえ負けなかったのはまず何よりでしたね。

久々無失点!やっぱりたけすか?たけすの存在が実は大きかったのか?
地味に田代さんも久しぶりの先発でございます。だからこそ結果が欲しかったんだけど。
ライブアントラーズを聞く限りでは決められる場面は結構あったみたいなので勿体ないとは思うけれどもまあ結果論ですから。
来週勝てば文句ないワケです。万博でしかも今のメンバーで勝てるのかどうかは甚だ疑問ですが。

ドイツ戦は起きる気がなかったうえに録画に失敗し(最悪)、マルタ戦もちょっと目を離したあたりからちょうどつまんなくなっていったので特に語るべき点もなく。
まあ満男さんが登場なさったあたりから再び見始めたのだが、試合後ご機嫌ナナメそうであったなあというのが唯一の感想かしら。

あっ中田浩二が出てきた時にスタジアムのどこぞから超音波かと思われるような

「こぉおおおじぃいいいいいいいいい!!!!!!」

という黄色い悲鳴が数度に渡って響いていたのが印象的だった。
これ以上のコメントは避けますがね。


で、それよりも個人的に大きかった出来事がひとつ。


続きを読む
posted by ゆきこ at 18:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。