2007年12月31日

今年最後の激闘〜天皇杯準決勝 川崎戦〜

昨日の夜遅く帰ってきて今朝起きたら地面が白くなっていました雪
もう溶けてはいますが新潟市は今年初の積雪。

2007シーズンを最後の元日まで見届けられる私達は幸せ者ですね。
泣いても笑ってもあと1試合。
今のチームをあと1試合しか見れないのは残念な気もするけれど、明日勝って良い年明けにしたいもの。
今の広島はいつぞやの京都が思い出されてなんだかイヤな感じがします。
降格が決まって逆に吹っ切れたのか結束が強くなって、若い選手達が本来の才能を発揮してる印象で、非常に厳しい相手だと思います。


それにしても29日の川崎戦はまさに激闘。
帰ってきてから録画をざっと見直したんだけれど、映像ではその激しさがあまり伝わってこなかったなあ。
川崎は怖い相手でしたホントに。
あっという間に攻守が切り替わって見てる方も一瞬も気が抜けない。
でもああいった試合をきっちりモノにできたのは大きいんじゃないかと思います。
先週まではリーグや代表等の余波があって大変そうだったけど、この試合ではもうしっかり切り替えて素晴らしいゲームを見せてくれました。

試合的には前半も後半も20分過ぎまでは相手ペースでどうなることかと思ったけれど、そこをよく凌いでこちらのペースに持ち込めたと思います。
特に前半はたけつんが中途半端なプレーが多くて心配したけれど本人のコメント見るとやっぱり戸惑いがあったみたいで、迷いが消えてからは鹿島もだい落ち着いたかな。
たけつんのプレーでチームの出来が左右されるほど重要な選手になったんだなあとしみじみしたり( ̄ー ̄)
大岩父さんのジュニーニョに対するマークも素晴らしかった。

そして忘れちゃいけない本山さん。
この日は満男さんと本山さんの攻守に渡る運動量にものすごく助けられたんだけど、そこへきてあの芸術的なゴール!ぴかぴか(新しい)見た瞬間に鳥肌たつような見事なゴールは、やはり彼が天才なんだなあと実感するものでありました。


さて、これで今年の更新は最後となります。
これは今年一年オフィスで私のデスクを飾ったオンデマンドカレンダー。
GetAttachment.jpg
これはアツトの初ゴールの時だったかな?
すごく良い写真だったのでシーズンが終わる頃にこんな光景がもう一度見たいと思って12月にチョイスしたら、本当に実現しました。
来年もこんな光景が見たいんだけどな・・・(ねえ敦さん)


明日は始発の新幹線新幹線で行く予定だけれども、関東以外は大荒れの予報なので無事着けるのか心配でもあり。
なにはともあれ朝がめちゃくちゃ早いので、年越しは早めに寝ることにします。

それでは皆さん、今年一年幣ブログにお付き合い頂きありがとうございました!
良いお年をお迎えください。
posted by ゆきこ at 21:51| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

限り無くは無限 

ビックリしましたね〜オダジョーの結婚会見の髪型いや違うか。

さてさてもう古すぎる話ですが土曜の天皇杯は家で中継TV見ておりました。
中継開始が遅れたのでアントラーズが気を使って試合を30分長くやってくれた...ワケではないだろうけど(笑)
もう今更だしテレビ観戦なのでそんなに言うこともないので自分の記録程度に。

現地観戦の方々は相当イライラされたようで(^^;)
一方テレビの私はハラハラしっぱなしでした。
勝ち負けではなく相手の当たりが危ないので怪我が怖くて...ファウルはほとんど流されたし...ちっ(怒った顔)
アマチュアという厳しい環境で働きながらサッカーを続けてるというのは美談だれど、プロよりも怪我や出場停止が生活に直結しない為か単に技術の差か手加減なしに削りにくるのが怖いなあと。

相手のサッカーは「アマチュアがプロに勝つにはあれしかない」という感じのサッカーでしたね。
鹿島が柏や名古屋のようにならずにすんだのは、失点しない守備力と焦らず試合を決めるペース配分のうまさがあったからかなあ?
相手は鬼のようにプレスはかけるけど流石に攻撃や個の技術ではプロより劣ってしまうし、ウチのようにある程守備で我慢がきくチームに対してああいうサッカーをやられてしまうと、試合は膠着してしまうのも仕方ないかなと。
まあ鹿島も余裕ぶっこいてボール奪われる場面かなりありましたけどw

田代さんは前半(42分だったかな?)の決定的な場面を外してしまったので交代も致し方ないですねあせあせ(飛び散る汗)
代表合宿前も身体が重いとはいっていたけどまだ引きずってるのかしら?
代表合宿ではやった事ない選手ばかりで相当戸惑いを感じたようですが、鹿島にその戸惑いを持ち込んではいかんですよ。
来季はもうちょっと調子の波を減らしてもらわないと。
(だからやっぱりヤナギさんが必要だと思うんだ・笑)


さて、今日は誓志の残留が各紙で報道されていました。
静観するつもりでもやっぱり気になっていたし、朝一番ネットをチェックして安心した。わーい(嬉しい顔)ダッシュ(走り出すさま)
誓志ファンのお嬢さん方も喜んでいるであろう。

もちろん、本人が後悔しない決断であればどうなっても良いんだけど、やっぱり来年試合数も増える中で、ファミリーは一人でも多い方がいい。

鹿島でも日本代表でも今主力といわれてる選手達の半分くらいは五輪を経験してないワケだけど、それでも来季は自分と同い年の大卒選手が入ってくるとなれば、焦るなというのも酷かもしれない。
一週間早く仙台行きを決めたりしないで本当に良かった。

鹿島残留を決めたのならば、私達は精一杯応援しましょう。
何より「鹿島でやるのが一番成長できると思った」という言葉が嬉しい。
確かに、試合に出続ける事で得られるものは大きいと思う。
それでも本人が「ここで成長できる」と思い続ける限り、そののびしろは無限だとも思う。
自分で限界を定めなければ人はどんな状況でも成長できるものだから。
君のその向上心がいつか大きな実となるように。

大丈夫、鹿島サポはたけつんにしろのざにしろ、選手の大成を待つのには慣れてるから(笑)


さて明日で仕事おさめ。
一応29日の国立にはいけそうです。まだチケットとってないけど。
本日のタイトルはポルノのMugenから。
posted by ゆきこ at 23:31| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

さすがにこれは・・・

朝報道を見た時はどうせ煽りだろうと無視を決め込んでいたんだが、さすがに茨城新聞にまで載ったとなるとなあ。
こういうモヤモヤしたりイライラする時って、逆に仕事に集中できて良い。
余計なこと考えたくないから物凄く仕事に集中できる(普段どれだけ不真面目なのかという話だが)

そりゃまあ。
私はこんな事態一度だって頭をよぎった事すらないけど、プロの選手としてはこういう考えが出てきて当たり前っちゃあ当たり前なんです。
そりゃ契約更改で選手は希望を伝えるからこの時期にこういう話題が出るのは致し方ないさ。

ただ何が残念かって今週末に大事な天皇杯が控えてるという状況で、主将である選手のこういう発言が大々的に報道されてしまう事ですわな。

敦さんは誓志や康平とは影響力が違う。
「チームキャプテンが移籍希望」って、いくらマスコミ報道とはいえ若手に知れたら多少の動揺や影響があるはず。
少なくともサポーターはこれだけ衝撃を受けてるし。
それがこんなに簡単に大事な時期に外に漏れていいのかという、気がするんだよなあ。
気持ちはわかるけど、もうちょっと自分の立場を考えてモノを言わないと。


個人的にいえば、敦さんが鹿島以外のユニを着るなんてあり得ません。
来年はアジアでの闘いも控え、田代さんが代表に呼ばれる可能性も僅かながらあり、マルキは一年無事でいられるか分からない、そんな状況で絶対に必要となる場面は増えるはず。
勿論、本田さんの後を継いだチームキャプテンとしての存在も非常に大事。
それでも鹿島を出たいというなら・・・
これまでのように「ベテランは最後までチームの為に尽くしてくれる」なんていう甘い幻想を破り捨てるしかないな。


移籍が騒がれているのは敦さんだけではありません。
予想されるスタメンのうち3人は代表合宿を終えたばかり。
それでも選手達が集中力途切れずしっかり闘ってくれれば、安心してその次の試合も見てられる。

だけどもしそうでなかったら・・・2年前の仙台の悪夢の再演は充分にあり得ると思う。
ふわふわとしたまま試合に入り、歯車が噛み合わないまま試合終了なんて事も−
勿論本山さんや大岩さん、満男さんあたりが試合を締めてくれるのを願ってはいるけれど、チーム競技は時としてどうにもならない流れに呑み込まれる事もある。


さあ、どうなる天皇杯。
(一番大事なのはここのはずなんだけどなあ)

ていうか、ホントしっかりしてくださいフロント・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ゆきこ at 19:20| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

ベスト11が一人なのに優勝しちゃって「あーいとぅいまてぇーん」

毎年満男がコメントし続け早数年・・・ようやくアウォーズ壇上にチーム全員で上れました。

いや映像見れてないけど・・・見たかった・・・涙
誰かスカパーの映像持ってる方いたら譲ってくださいもうやだ〜(悲しい顔)

そして、最優秀監督受賞、おめでとうございますexclamation×2
これは誰からも文句ないでしょう。というか言わせない。
岩政もベストイレブンおめでとうぴかぴか(新しい)
鈴木啓太の髪型はオダジョーの真似ですか?

鹿島は強かった頃の駒大と似てると思う。
テレビに取り上げられるような選手が少なくても、全ての選手が監督の要求にキッチリ応える。
誰かがいなくても誰かが穴を埋める以上の活躍をする。
それは本当に監督と各選手の能力が高くないとできない事です。
まあサッカー界に比べると評価のされ方は大学駅伝界の方が随分とマトモですけど。
(あ、外人頼みじゃない所も似てるか・爆)


週末は優勝報告会と祝賀会でしたね。
本当にどこのレポを見ても和やかで暖かくて、レポ見てるだけなのにこっちも自然と顔がほころぶような内容だったようでわーい(嬉しい顔)
あの雰囲気を見てるとホントに今年優勝できて良かったなーと思います。(だからこそ今年優勝できたのかも)
祝賀会にいらしていたソシオのあの方の話題で週末は騒がしかったですね。
ああいう事できちゃうのが鹿島らしさというか(^^;)
「おおらかさって一歩間違うと他人に鈍感になるんだな」などと思ってしまったわw


CWCはミランの優勝で閉幕。
ウチの母はインザーギの事を「世界で一番カッコイイ」と言う。
否定はしませんが同意もできません。
まあ私にとって今年のCWCはレオ様に始まりレオ様に終わった大会でした。
ああそれにしてもレオ様のインタビューは本当に感動した・・・
去年0-4の試合を見ていただけに今年の優勝の瞬間もレオ様に生で見て貰いたかったな。
レオ様といいジョルジといい、その鹿島愛を今いる日本人選手達も見習って欲しいものです(笑)
posted by ゆきこ at 23:13| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

色々と予想外な

なんか色々書こうと思ってた矢先に
「田中康平選手」「ベガルタ仙台へ」「完全移籍」
というお知らせ飛び込んでまいりまして。
「 」のひとつひとつがショックなのにそれが3つ重なってトリプルパンチ手(グー)ですよ。(あえて報知の記事は見ないフリをしていたというのに)
FWという結果が求められるポジションだけに非常に心配なのですが、若い分暖かく見てもらえるといいんだけどなあ...いつかのようにあんな事やこんな事言われないといいけれど。
コメント最後の「本当にありがとうございました」という一文を見て、ああこの子は本当に鹿島のことが好きだったんだなあと思いぐっときました。もうやだ〜(悲しい顔)
出場機会に恵まれない以上移籍を考えるのは当然だと思うけれど、この一年鹿島で得た経験も大きなものだと思う。
出番が少ないながらも、苦しみながら最後にチーム一体で逆転優勝を演じた中に、間違いなく君はいた。
その経験は他では埋めがたいモノだと思うから・・・いつかウチと浦和が最後まで競り合ったその才能を大きく開花させて欲しい。


そういえばCWC(トイレトイレを連想させる略し方)なんですが、ワイタケレってアフリカ辺りの選手の個人名だと思ってたらチーム名なんですね(しかもオセアニアの)
チーム名というかチームの本拠地である都市名か。
例年ならブラジルのチームを毎年応援してるんだけど、今年はボカみたいだし、そうするともう見る必要が全くないわけで。
よって今年は1秒たりとも見てないんですが、それにしてもサンスポの「世界に誇れる0−1惜敗!」の見出しには驚いた。
世界に誇れる敗戦なんてものが存在するのか浦和には。

ちなみにとくダネ!のサイトは今日のニュースでも「三浦レッズ」と表記しています。えええええ
めんどくさいのでもうリンクもはりませんけど、さすがにビックリしましたたらーっ(汗)
私の親切な指摘メール(指摘5割・嫌味5割)は読んでないのか、それともとくダネ!スタッフの中では「三浦レッズ」というクラブが存在してるのか、もしくは確信犯か。

代表関連のニュースもチラホラと、サプライズだ秘密兵器だなんだと言われまして。
テレビで選手のコメント流れてたから注目されてるのかと驚いたんだが、よく考えたら単に会見やったのがウチだけなんだろうなきっと。
田代さん来月12日が挙式だそうで、いいですねえ私はその前日が新年一発目のヤマ場ですよ(勿論仕事の)
というか12日仏滅なのはいいのか。

ホントはテレビで流れたコメントを見て「まったくウチの選手たちは相変わらずかっこかわいいなexclamation×2という親ばか記事を書こうと思ってたのに康平のニュースにビックリして後回しになりました。
posted by ゆきこ at 23:40| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

第一声は

日本代表候補トレーニングキャンプメンバーのお知らせ

ぎぃやあああああああ!( ̄Д ̄;)

これが第一声。(勿論心の中で)
まっっったく想定外だったというか、キャンプがある事もそれが今日発表される事も知らなかったんですがね。
岡ちゃん驚かしてくれるぜ・・・
共同通信のトピックスに岩政と名前が出ちゃったYO!ひょえー。

そりゃまあ田代サポにしてみりゃいつかは・・・と思ってましたけど。
何故、今・・・?
一応田代サポなのでちょっと動揺してみました。

岡田監督は「自分が見たなかでコンディション・調子の良い選手を選んだ」らしいのだが、それなら先週末の甲府戦で疲労を露呈した(らしい)ウチの選手が何故呼ばれた。
田代さんなんか思いっきり「身体が重い」言ってたのに(笑)
ていうかリーグで田代さんより点とってるFW沢山いるんだからそっち先呼べばいいのに。

まあどうせキャンプメンバーですからね、試合になりゃ外される可能性も高いし。
ヘディング枠長身枠は巻さんと矢野さんに任しておけばいいし。

初めてのフル代表の雰囲気味わって次に活かしてくれればいいと思います。
きっと良い刺激になるでしょうしね。
その後天皇杯、まだ残ってるしね。

3人とも「無理せず余計な怪我せず地に足つけて」を念頭において頑張って欲しいと思います。
特に最初は篤人・2番目が田代氏・最後は岩政に気をつけて頂きたいかと。
posted by ゆきこ at 18:21| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取り急ぎのネタ

面白かったので会社の昼休みに取り急ぎ。
今朝たまたまとくダネ!のHPを見ていたら衝撃的な見出しが。

三浦レッズクラブワールドカップ準決勝進出

【証拠画像】
2007y12m11d_112432049.jpg

浦和レッズは三浦カズにでも買収されたんでしょうか。

もしくはホームタウンをさいたまから三浦半島に変えたのでしょうか。


得もりというコーナーのページですが、リンクはこちら。
優しい私は指摘メールを送ってあげたので修正されるかもしれませんが。
posted by ゆきこ at 12:06| 新潟 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

水没の結末

土曜の甲府戦はなにやら延長という懐かしい響きに(^^;)
鹿島も2年に一度くらいの割合で天皇杯延長やってますからね、そこも天皇杯ならではというか風物詩というか。

まあ先週末の幕切れがあまりに劇的すぎて、頭では分かっていても、なかなか元の精神状態に戻すのは難しかったと思います。
自分達が悪い部分もあっただろうし、素直に甲府が良かったという部分もあるんだろうけど・・・

かくいう私は未購入の各新聞やスポーツ紙をちょっとずつちょっとずつバレないように会社でコピーしてました(爆)
で、穴をあけて購入済みの記事と一緒にファイルに閉じまして、それをもって余韻が抜けた感じがしました。

話は戻って天皇杯。
次はJ1を次々破って快進撃まっしぐらのホンダFC、ああまた厄介な相手・・・
去年の対戦もオウンゴールがなかったら・・・というような展開だった記憶が。
とはいえ、苦戦しようが、なんだかんだでジャイアントキリングにはあまり見舞われないというかそうさせないのが鹿島だと思ってるので、何でもいいからとにかく勝ってくれれば。

来週の優勝報告会も行きたいな〜行こっかな〜と思いきや・・・そういや仕事じゃん、と。
しかも一日ではなくほんの数時間他人の手伝いするだけの。
むー、次鹿島の皆に会えるのはいつになるやら・・・
そういえばせっかく優勝チームとして全員参加なのにアウォーズも見れないし・・・涙



ところで浦和戦の日にうっかり水没させたケータイ。
お気に入りのケータイで2年以上愛用していたんだけど、なんと水没した後半日後にはすっかり復活!
「なんという健気さだ!もうやだ〜(悲しい顔)と感動しつつもいつデータが消えるか分からない状態と流した後とはいえトイレに落としたままではあまりにも・・・と泣く泣く機種変。

なんだかんだの条件を加味した結果このケータイにおさまりました。色はシャンパン。

以前にも東芝は使ってたのでまあ大丈夫だろうと。
しかしコレ、クチコミにもある通り電池の消耗が早すぎる(−"−;)
前のケータイは電池消耗で困ることなんて一回もなかったのに・・・
テレビなぞちょっとでも使おうものなら一日もたない事もある。
屋内ではほとんどテレビ見れないし、一体何の為のワンセグなのかという・・・たらーっ(汗)
デザインは気に入ってるんだけどねえ。
その他の機能も2年前から進歩しすぎてまったくついていけてない。
ボタンの配置も使いづらくまだまだメール作成に時間がかかるし。

という事でまだ前のケータイに未練タラタラなのですが頑張って慣れていこうかと。
posted by ゆきこ at 18:48| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ごちゃまぜ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

Over the Rainbow

のざのチャントは元ネタが♪Over the rainbowだと聞いたことがあります。
そして今年の監督は通称「オズの魔法使い」...
そんな今季を象徴するように今日新潟市内ではキレイな虹がかかりました。
といっても屋内では全体像を見ることはできなかったけど。

窓越しにこの虹を眺めながら、オズの魔法使いに先導されて虹の橋を渡る鹿島の戦士たちを思い浮かべました。
明日は天皇杯。遠い新潟の空ですが吉兆と捉えておこう。

071207_145611.JPG

さて、皆さんもう切り替えはできましたでしょうか?
10冠を達成した直後のこの天皇杯。
私には夢があります。それは、
「イバと一緒に優勝を喜ぶこと」
今度こそ、イバに真紅のユニホームを身にまとい優勝の瞬間を迎えて欲しい。
それが私の個人的な希望です。

勿論リーグ優勝のチームがこんな所で負けるワケにはいきません。
2003年、年間優勝したマリノスに国立で勝った時「リーグチャンピオンがここで負けんのかよ」と根性悪丸出し発言したのは何を隠そうこの私(爆)
逆の立場になるなんて冗談じゃなーい。
今年も年末は東京・横浜へ遊びに行く計画を立てているのでお正月は是非国立で過ごさせていただきたい。


ついでにナカシの完全移籍ですが、まあレンタル延長した時点でこりゃ戻ってこねえなとは思ってました。
去年のうちに完全にしときゃ良かったのにという気もするけど、今年シーズン中に復帰要請をしていたという話もあるから鹿島的には戻したかったのかな?
まあ在籍は2年だけどすでに鹿島より仙台に馴染んだ感があるし良いんじゃないでしょうか。
J2は普段見ないので仙台がJ1に上がらない限り見る機会はほとんどないけど頑張れ。
ていうかこれでもう仙台に選手出すのは最後にして貰っていいですかね。
posted by ゆきこ at 23:47| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

おめでとう、これからもよろしく

監督今日がバースデーなんですな。
ぴかぴか(新しい)誕生日おめでとうございます!!ぴかぴか(新しい)
無事、契約延長も決まった事だし、善きことかな。
今年の劇的なタイトル奪取に満足せずに、来年も選手や私達のモチベーションをうまいことあげてください。
オリベには3年くらいは鹿島を見ていて欲しいな。

ケータイおひさるに載っていたプレスの方からのお祝い話が、とってもステキ(´∀`*)
きっと地元メディアや各新聞の鹿島担当の方も10冠を喜んでくれたのでしょう。
そうでなくてもオリベは名言も多いし態度も紳士的だからマスコミ受けは良さそうだけどNE!


新潟では一足遅れて今日マガ&ダイが発売になりました。
私は朝一で購入したから問題なくゲット。

そういえば優勝が決まった瞬間は頭が真っ白けでとにかく優勝したことにただ驚くばかりで、オーロラビジョンに10冠達成!とでて初めて「あ、そうだ10冠じゃん!」と思い出したのだった(笑)
まあ今のメンバーでは限りなく1冠に近いというのもあるけど、普通に「10冠どうこうより目の前の試合に必死だったんだなあ」と自分の狼狽ぶりに苦笑い。

まだマガもダイも見てないけど、チームももう練習を再開しているし、ここから先は個人で雑誌を見ながらじっくり浸ります。
そろそろ巷では契約更改話が賑わってきてるし。
メディアはとかく煽りたがるけど、でも交渉ってそういうモノだしなあ。
最終的に遺恨を残さずに契約してくれれば別に問題もないのに。
posted by ゆきこ at 18:52| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

細かい追記あれこれ

もうお終いといいつつ、昨日の記事に書ききれなかったこといくつか。

まずはイバ
「優勝する為にきた」と鹿島にやって来てから何度も悔しい思いをし、古巣に先を越されてしまった。
イバ本人もまた好不調の波があるものだからとかく叩かれがちだったけれど、2004年というチームが一番過渡期の難しい時期に加入したおかげで必要以上の苦労もしたと思う。
しかしそれもまた自分達でタイトルをつかみ取る為の苦労だったはず。

鹿島は他チームに比べればファミリーの輪に入りやすい雰囲気だと思うけれど、一方でサッカーの面でいえば頑なに己の哲学を貫き通すチームにあって外から加入してフィットするのは難しいと思う。
なんだかんだ言われても、いなくなって分かるイバの有り難味。
だってイバ以上に今ウチの左SBを勤められる選手は日本にはいないもの。


確かにイバもフナ君も軽率な面はあっただろう。
でも2人が最終節ピッチに立てなかった原因は、イバでもフナ君でもなく、審判にあると私は今でも思っています。
だからこそ、ゴール裏から起きた2人のコールは本当に嬉しくて。

フナ君がオブラディトリオに混ざってはしゃいでいる姿も嬉しかったし、
イバがホッとした表情で満男の肩に顔をうずめた瞬間などは、
前節からここまでの彼の心苦しさを思うと涙がこぼれそうだった。


話は変わって、忘れちゃいけないイバ家と大岩家のおこちゃま達。
もう〜ホントに可愛かったんですよ黒ハート
大岩家のおぼっちゃまは本当に外人の子みたいにプリティな顔立ちで、そこにイバ家のお嬢様2人があやしに行く様子が。
そしてその3人が篤人が持ってたブラジル国旗を持ってピッチ中を駆け回る姿にはスタジア中から「カワイイ・・・・!」の声。
イバ家のお嬢様は、これがまた父親に似て2人とも手足が長くてスタイルがめちゃくちゃいいの!
スタイルだけは持ってうまれたものだから得ですよあれは(笑)

他にも選手皆子供を連れてピッチを一周するのが優勝ならではのシーンなのですが。
考えてみれば前回優勝した時はほとんどの子供達がまだ影も形もなかった頃で・・・いたのは小笠原家くらいかしら?
なんて思うと改めて時の流れを感じます。


それから昨日はあえて触れなかったけれど2人の戦力外通告には、優勝で高揚していた体温がすっと下がる思いでした。
持ち前のキャプテンシーと度胸で営業にも本職にも積極的だった拓弥君。
入団の時から「クマが目標」と公言し、クマの後継ぎになって欲しい思っていたよっしー。
2人とも去年から今年にかけて将来の希望の片鱗を見せていて、ちょっと時間はかかるけどしっかり育成して欲しい、なんて思っていた矢先だけに・・・
そして多くの人々の期待を背負ったユース出身だっただけに・・・
プロとしての現実とはいえやはり辛い。
次にプレーする場所もまだ決まってないけど、いつかウチが手放したことを後悔するくらいの選手になって欲しい・・・今はそれしかいえない。


最後に札幌。
我々と同じく最終節で優勝が決まったJ2。
ウチが引導を渡してから早5年。
忘れもしない、目の前でクマがその後を左右する大怪我を追ったあの試合。
色々な意味で残酷なあの試合の後、ゴール裏が必ず戻って来いとエールを送ったのを覚えている。
(今でもその事を覚えてくれているコンササポさんもいるみたいで嬉しい)
奇しくもウチはあの年のナビスコから5年越しでタイトルを、札幌は5年かけてJ1昇格を手に入れた。
不思議な縁だけど、来年再び対戦するのが楽しみ。イケ君出してくれると嬉しいな(笑)
札幌行ってみたいなあ。(そこ?)
posted by ゆきこ at 18:53| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっともっと笑おうぜ!

土曜日は深夜に帰ってそのままスポーツニュースをはしご。
あちこちの局にウチの選手達が出てくる、このてんてこ舞いもリーグ制覇だなあと懐かしくなったり。
日曜は寝不足で倒れそうになれながら先輩の結婚式の二次会へ(かなり豪勢なパーティーでした)
今でも疲労感が半端ないワケですが。

その間にもユース三羽烏のショッキングなニュースがあったり(ううう、よっしーも拓弥君も将来楽しみにしてたのに・・・もうやだ〜(悲しい顔))
やべっちでどん滑りの後輩達にフォローを全くしない満男さんのどSっぷりに戦慄を覚えたりがく〜(落胆した顔)
TDL遊園地でパレードとかいうとんでもプランが持ち上がったりと
まあ色々でした。

とにかく試合から帰ってきてからというもの、ぶっ倒れる寸前なのにあらゆる媒体を追っかけるのがもう大変でした。

さて、優勝の余韻に浸るのもまだまだ楽しいのだけれど、気持ちはもう天皇杯に向かいつつあるので、週末の事は引っ張らないようにしましょう。
試合前から試合後までイッキに箇条書きでまくりますよ!ダッシュ(走り出すさま)


続きを読む"今更ですが自分の記録として"
posted by ゆきこ at 00:13| 新潟 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

言葉にできない

あなたに会えて本当に良かった
嬉しくて嬉しくて 言葉にできない


私がアントラーズを応援するようになって7年ちょっと。
それでも今日は私の人生最良の日のひとつです。


サッカーというのは「頑張ったら勝てる」「勝ちたいから勝てる」なんていう優しいものではない。
けれども今日ここまでこれたのは、誰もが自分達を信じてきたから。
優勝は、ひとつひとつ確実に勝つことでついてくるものだと改めて感じました。

今日のスタジアムは雰囲気も最高。
優勝が決まった瞬間は人生最大規模の号泣もうやだ〜(悲しい顔)で、もうよく覚えていません(笑)
今日一日のことを言葉にしたら長編小説並の長さになりそうなので、今日はとりあえずここまでで寝ます。

こんなに嬉しいことはない。
鹿島アントラーズを応援してきて良かった。
今日スタジアムに行ってよかった。

間違いなく今のアントラーズはどこにでも誇れる最高のチームです。
そして今日の鹿島サポーターは世界で一番幸せ!!
posted by ゆきこ at 02:05| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。