2008年01月17日

神は使いに、鹿を選んだ

皆さん見ましたか?鹿男あをによし。

タイトルは同ドラマのコピーです。
この番宣ポスターもがっつり鹿のどアップで良い感じです。
鹿サポの間では最早「見て当たり前」的な扱いのこのドラマ、つい先ほど第一回が終了しました。

冒頭から鹿島神宮出てくるわ鹿島の名前が連呼されるわで非常に気分の良いドラマでした。グッド(上向き矢印)
まあ鹿島神宮が出てくるのは今回っきりだと思うけど、普通にドラマとしても興味があるのでこれからも見る予定。
放映中に鹿サポ他サポから続々メールがくるのが一番面白かった(笑)
結構皆見てますな。玉木君も今ノッてる俳優さんだし、原作も話題性が高いからねえ。
それにしてもエンディングの無駄に勇壮な音楽と駆ける鹿の大群の映像の妙なマッチ具合が素晴らしかったです。

あと今クールで見ているのは「あしたの、喜多善男」
初回放送でなにげなくテレビをつけていたらものすごく引き込まれてしまいました。
第二回は裏番組にとられて視聴率が落ちたみたいだけど、小栗旬にまったく魅力を感じない私は断然、喜多善男派。
ストーリーも最近のドラマにはない感じで、単純でノリだけのドラマが多い中ちょっぴり異色。
コヒさんだけでなく脇役さんが皆うまいし。
しかし、その中でも特に目をひくのが松田龍平。
初めてこういうヒールな役をやってるのを見てイメージが変わった。
失礼ながら今まであまりカッコイイと思ったことなかったけれど、今回の役は良い!素敵です。
これを機に今までの美少年キャラみたいなのから、クセのある俳優へと脱皮して良い役者さんになるかも。

ちなみに喜多さんの前にやってるハチクロは初回の冒頭だけ見てあまりの原作無視っぷりに泣きたくなってすぐに見るのをやめました。
断言するよ、あれはハチクロじゃない。
1_もハチクロは残ってない。
キャストの時点ですでに酷いんだけど、脚本の酷さはそのさらに上をいっている。
ツッコミ所が多すぎてどこから指摘したらいいのやらという感じです。
posted by ゆきこ at 23:42| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

移籍市場炎上中

こないだのエントリでコメントをいただきました。
歌詞を載せた「いつかどこかで」についてですが、簡単に言いますとLastierというバンドの1stアルバムに収録されている曲です。(シングルカットはされてません)
もう解散したバンドなので通常の店舗には在庫はないと思うけれど、アマゾンなどでは中古が安く入手できます。
CD情報はこちらです。
一人でも興味を持ってくれる方がいらしたら嬉しい限り。


さて、今年は例年になく話題性の高い移籍市場。
鹿島は待ちに待った笠井・伊野波両選手の加入を発表exclamation×2
やったー(・∀・)ぴかぴか(新しい)
まあ各種報道で既に承知済みの情報だけど、本決まりするとそれはそれで嬉しいものグッド(上向き矢印)
ポジション争いは相当厳しいけれど是非今いる選手達に挑戦していただきたい。
君達が鹿島で挑み続ける限り、私達は後押しを惜しまないよ。

それにしてもウチが他クラブから選手を完全移籍でとるのはイバ以来?
それに比べて余所様は凄いですなあ〜
高原→浦和と坂本→ジェフにはさすがにビックリですよ(@Д@;)

磐田にいるならともかく、高原と浦和の組み合わせとなると心の底からブーイングができる組み合わせですね個人的には(笑)
というか磐田の立場ってどうなんだろう・・・いや別に磐田に戻らなきゃならない理由はないんでしょうけどね。
Jリーグも変わってきたなあ。

そして坂本問題。
元カノに泣きつかれてあっさり新妻捨てて戻る男みたいでどうかなあとは思ったけれどw
恥も外聞もかき捨ての千葉フロントも凄いけれどそれになびく坂本もいかがなモンなんでしょうね。
結局千葉の選手流出は歯止めがきかない状況だし・・・
今年は特定のクラブの選手流出が目立つなあ。
まあある程度リーグ内の階層が出来てくればそれも仕方ないのかもしれないけど。
選手の移籍だけ見ると千葉と広島どちらが降格クラブなんだって感じだしなああせあせ(飛び散る汗)

まあね、鹿島だってね。
サポーターがもう吹っ切って切り替えてるってゆーのに
「13は欠番にする」だとか「これ以上補強はしない」だとか言う未練がましいフロントは非常にみっともないのでさっさと敦さんの穴埋めをしたら良いと思いますよ。
posted by ゆきこ at 23:18| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

さよなら僕らのキングA

うをっどんっ(衝撃)スパサカでさりげなく新ユニが披露されてるexclamation×2
イラストよりはマシに見えるかな・・・?鹿島っぽくはないけれど。


さて。
ようやっと敦さんの移籍が発表されました。
もう2005年からずっと田代ユニ着てる身ですが、柳沢敦という選手は全く別次元で特別な選手。
「いざ決まったらきっと泣いちゃう」と思ってたんだけど、天皇杯の後のあれやこれやでだいぶ覚悟は決めていたし、正式発表まで待たされたせいもあって、意外と静かに受け止められたかな。
でもやっぱりさ、決めてたんなら天皇杯中にちゃんと言って欲しかったよ。
そしたらもっと皆ちゃんとお別れ言えたんじゃないかな。

鹿島の事を想い一度は引退まで考えた、それでも移籍という選択をしたのなら、もうどうしようもない。
そりゃあ勿論、過去のベテラン達のように出番が減ってもチームを支える選手でいて欲しかった気持ちはあるけれど・・・なにより、アナタが実は誰よりも頑固だということを、私達もよく分かってる。
だからもうしょうがなかったんだと、思うようになりました。

当然京都で最後まで選手生活を全うするつもりでの移籍でしょう。
精一杯あなたを引き止めてきたけど、もう私達もあなたにすがりついたりしないよ。
鹿島にも進むべき未来があるからね。

京都の選手になるのだから、もう敦さんについてどうこう言わない。
でも今日までは「ウチの選手」として扱わせてね。
京都さんには悪いけど、これだけは自信をもっていえる。
柳沢敦の事をこれだけ愛せるのは世界に我々しかいないって事。
良い意味でも悪い意味でも、彼の全てを受け入れられるのはウチらくらいですよ、ホントに(笑)

最近ずっとある歌の歌詞を想いうかべていました。
本当は満男さんがイタリアへ行く時にも考えていたんだけれど、今のほうがこの歌は相応しいかもしれない。

私の中では永遠の隠れた名曲。

続きを読む"いつかどこかで"
posted by ゆきこ at 01:33| 新潟 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

新年につき手直し

今年の目標は「口に出すのは本心の7割」としてみたんだけれど、
元日早々国立で川渕と扇谷を見た瞬間に「あいつら殴らせろむかっ(怒り)とブチ切れてみたり、
箱根の駒大優勝インタビューで大八木監督が話してる後ろで「日体大」の弾幕をもって延々カメラアピールする女を見て思わず「わきまえろや○○(自粛)むかっ(怒り)とテレビの前で罵ってしまったり、
まあ早くも目標を無視してしまっています。

新年なのでちょっとブログをいじってみました。
テンプレは冬なので去年のに戻してみた。このデザイン何気に落ち着く。
あと右サイドは占いから「いつでも里親募集中」に。
効果があるかどうかは分からないけれど、捨て猫捨て犬が一匹でも減りますように、と。
興味がある方はリンク先へとんでみてください。


ついでに新たなカテゴリを追加しました。
日常生活の中でfootballにあう言葉を見た時に書き留めておこうかと。(まあ歌詞とかは全文は書けないけれど)


今回はNHKのJリーグ中継でお馴染みのこの曲。
もう3シーズンこの曲使ってますね。
鹿島の優勝を奇跡という一言で片付けるのは正しくはないけれど、そこに至るまでの過程が奇跡的だったという意味ではあながち間違いでもないような。
2007シーズンのはじめの苦しい時期から最終節までを思い出しながら聞くと良く似合う。
私は苦しい時にいつもこの歌詞を思い浮かべながらアントラーズを応援してきました。

続きを読む「奇跡」
posted by ゆきこ at 23:11| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | footballな詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

こちらも2冠!

それこそ元日からずっとあの話題が頭の片隅を支配しているのだけれど、もう少し、決着がつくまでは逃避させてください。
どんな結論になっても改めてエントリーたてます。

そういえば天皇杯帰宅してから1時間弱だけどどうにかルナシーのライブを見れました。
久しぶりにメンバー見ましたがINORAN、かっこよすぎ・・・黒ハート
久々に見たらやばいかっこよかったっす。ああやっぱり最初っから見れば良かった。


さて、アントラーズの2冠に引き続き、今度は駒大が全日本と箱根の2冠を達成しました!!手(パー)わーい(嬉しい顔)手(パー)バンザーイ!!
こんなに清々しいお正月は初めてだ(笑)

2008y01m03d_161023886.jpg駒大のオーダーはこちら。
ここ1、2年箱根もちゃんと見れてなかったので4年生しか顔と名前がちゃんと一致してないたらーっ(汗)
うーん去年大八木監督が1・3年生に掛けた期待は間違っていなかったようです。

4年生の涙がどれだけプレッシャーがかかっていたかを物語っていた。(安西君、迷惑な存在なんていないんだよ!)
3年前駅伝デビューの時可愛らしかった堺君や平野君がぐっと大人の顔つきになっていて本当にビックリ(^^;)
いや〜この2人の走りは素晴らしかった!
6区で3分まで引き離された時はどうなる事かと思ったけれど、そこからの追い上げ、逆転、引き離しは実に駒大らしいレース展開。

鹿島と同じく、優秀な選手は多いけれど外国人選手やスーパーエースがいるわけではない駒大。
その分選手の底上げをはかり、その時その時でベストのメンバーを組み、出た選手達は責任をきっちり果たす。
最後に1番でいる為にどうするべきか、大八木監督の戦略にはいつも驚かされる。
いじわるを言うようだけど、往路優勝したって正直歴史にはあまり残らない。結局は総合優勝したチームが記憶にも記録にも残る。


再び掴んだ栄光、磐石とまでは言えないけれど、復活の狼煙を上げたのは確かなようです。
駒大が沈んでいる間、外国人選手・学生陸上界の主役達を擁し毎年優勝候補に挙げられながら優勝できなかった、東海大や日大。
駅伝界の主役を奪うことはできず、結局は駒大に復活する隙を与えてしまった。
駅伝の難しさという所でしょうか。
順天堂や東海の棄権は驚いたし、見ていて辛かったなあ。


あと気になったところいくつか。
・今回は襷を繋げなかったチーム・棄権せざるをえなかったチームがいつになく多かったのが気になりました。
コンディション調整、選手の体調管理など、チームの危機管理・大会運営にも課題が残ったのではないでしょうか。

・爽やかな風を吹き込んでくれたのは学連選抜ぴかぴか(新しい)
史上最強の呼び声は本当だった。自分の母校の選手の活躍もとても嬉しかったです。

・今回初めて知った、第一期の黄金期を支えたメンバー、神谷さん・揖斐さんが引退して指導者の道を歩んでいること。
厳しい世界なので残念だけど、また箱根の舞台を目指してください。


鹿島も駒大も苦しんで苦しんで、再び頂点へと昇りつめました。
でも、マスコミのいう「王者復活」は来季の結果で真価が問われるところ。
どちらも楽しみな選手が多いチームなのでこれからに期待します。
posted by ゆきこ at 17:04| 新潟 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ごちゃまぜ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

受け継がれしDNA〜天皇杯決勝〜

謹 賀 新 年
天皇杯2
あけましておめでとうございます。
今年は最高の年明けを迎えられました。
穏やかな晴天のもと、絶好のサッカー日和晴れ(今日の箱根駅伝も素晴らしいコンディションだったなあ)
元日に国立で試合が見られ、最後には頂に昇る選手達の笑顔が見られ、良い思いをさせて貰いました。ありがとう。

続きを読む"今季2冠め!"
posted by ゆきこ at 23:53| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

今年最後の激闘〜天皇杯準決勝 川崎戦〜

昨日の夜遅く帰ってきて今朝起きたら地面が白くなっていました雪
もう溶けてはいますが新潟市は今年初の積雪。

2007シーズンを最後の元日まで見届けられる私達は幸せ者ですね。
泣いても笑ってもあと1試合。
今のチームをあと1試合しか見れないのは残念な気もするけれど、明日勝って良い年明けにしたいもの。
今の広島はいつぞやの京都が思い出されてなんだかイヤな感じがします。
降格が決まって逆に吹っ切れたのか結束が強くなって、若い選手達が本来の才能を発揮してる印象で、非常に厳しい相手だと思います。


それにしても29日の川崎戦はまさに激闘。
帰ってきてから録画をざっと見直したんだけれど、映像ではその激しさがあまり伝わってこなかったなあ。
川崎は怖い相手でしたホントに。
あっという間に攻守が切り替わって見てる方も一瞬も気が抜けない。
でもああいった試合をきっちりモノにできたのは大きいんじゃないかと思います。
先週まではリーグや代表等の余波があって大変そうだったけど、この試合ではもうしっかり切り替えて素晴らしいゲームを見せてくれました。

試合的には前半も後半も20分過ぎまでは相手ペースでどうなることかと思ったけれど、そこをよく凌いでこちらのペースに持ち込めたと思います。
特に前半はたけつんが中途半端なプレーが多くて心配したけれど本人のコメント見るとやっぱり戸惑いがあったみたいで、迷いが消えてからは鹿島もだい落ち着いたかな。
たけつんのプレーでチームの出来が左右されるほど重要な選手になったんだなあとしみじみしたり( ̄ー ̄)
大岩父さんのジュニーニョに対するマークも素晴らしかった。

そして忘れちゃいけない本山さん。
この日は満男さんと本山さんの攻守に渡る運動量にものすごく助けられたんだけど、そこへきてあの芸術的なゴール!ぴかぴか(新しい)見た瞬間に鳥肌たつような見事なゴールは、やはり彼が天才なんだなあと実感するものでありました。


さて、これで今年の更新は最後となります。
これは今年一年オフィスで私のデスクを飾ったオンデマンドカレンダー。
GetAttachment.jpg
これはアツトの初ゴールの時だったかな?
すごく良い写真だったのでシーズンが終わる頃にこんな光景がもう一度見たいと思って12月にチョイスしたら、本当に実現しました。
来年もこんな光景が見たいんだけどな・・・(ねえ敦さん)


明日は始発の新幹線新幹線で行く予定だけれども、関東以外は大荒れの予報なので無事着けるのか心配でもあり。
なにはともあれ朝がめちゃくちゃ早いので、年越しは早めに寝ることにします。

それでは皆さん、今年一年幣ブログにお付き合い頂きありがとうございました!
良いお年をお迎えください。
posted by ゆきこ at 21:51| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

限り無くは無限 

ビックリしましたね〜オダジョーの結婚会見の髪型いや違うか。

さてさてもう古すぎる話ですが土曜の天皇杯は家で中継TV見ておりました。
中継開始が遅れたのでアントラーズが気を使って試合を30分長くやってくれた...ワケではないだろうけど(笑)
もう今更だしテレビ観戦なのでそんなに言うこともないので自分の記録程度に。

現地観戦の方々は相当イライラされたようで(^^;)
一方テレビの私はハラハラしっぱなしでした。
勝ち負けではなく相手の当たりが危ないので怪我が怖くて...ファウルはほとんど流されたし...ちっ(怒った顔)
アマチュアという厳しい環境で働きながらサッカーを続けてるというのは美談だれど、プロよりも怪我や出場停止が生活に直結しない為か単に技術の差か手加減なしに削りにくるのが怖いなあと。

相手のサッカーは「アマチュアがプロに勝つにはあれしかない」という感じのサッカーでしたね。
鹿島が柏や名古屋のようにならずにすんだのは、失点しない守備力と焦らず試合を決めるペース配分のうまさがあったからかなあ?
相手は鬼のようにプレスはかけるけど流石に攻撃や個の技術ではプロより劣ってしまうし、ウチのようにある程守備で我慢がきくチームに対してああいうサッカーをやられてしまうと、試合は膠着してしまうのも仕方ないかなと。
まあ鹿島も余裕ぶっこいてボール奪われる場面かなりありましたけどw

田代さんは前半(42分だったかな?)の決定的な場面を外してしまったので交代も致し方ないですねあせあせ(飛び散る汗)
代表合宿前も身体が重いとはいっていたけどまだ引きずってるのかしら?
代表合宿ではやった事ない選手ばかりで相当戸惑いを感じたようですが、鹿島にその戸惑いを持ち込んではいかんですよ。
来季はもうちょっと調子の波を減らしてもらわないと。
(だからやっぱりヤナギさんが必要だと思うんだ・笑)


さて、今日は誓志の残留が各紙で報道されていました。
静観するつもりでもやっぱり気になっていたし、朝一番ネットをチェックして安心した。わーい(嬉しい顔)ダッシュ(走り出すさま)
誓志ファンのお嬢さん方も喜んでいるであろう。

もちろん、本人が後悔しない決断であればどうなっても良いんだけど、やっぱり来年試合数も増える中で、ファミリーは一人でも多い方がいい。

鹿島でも日本代表でも今主力といわれてる選手達の半分くらいは五輪を経験してないワケだけど、それでも来季は自分と同い年の大卒選手が入ってくるとなれば、焦るなというのも酷かもしれない。
一週間早く仙台行きを決めたりしないで本当に良かった。

鹿島残留を決めたのならば、私達は精一杯応援しましょう。
何より「鹿島でやるのが一番成長できると思った」という言葉が嬉しい。
確かに、試合に出続ける事で得られるものは大きいと思う。
それでも本人が「ここで成長できる」と思い続ける限り、そののびしろは無限だとも思う。
自分で限界を定めなければ人はどんな状況でも成長できるものだから。
君のその向上心がいつか大きな実となるように。

大丈夫、鹿島サポはたけつんにしろのざにしろ、選手の大成を待つのには慣れてるから(笑)


さて明日で仕事おさめ。
一応29日の国立にはいけそうです。まだチケットとってないけど。
本日のタイトルはポルノのMugenから。
posted by ゆきこ at 23:31| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

さすがにこれは・・・

朝報道を見た時はどうせ煽りだろうと無視を決め込んでいたんだが、さすがに茨城新聞にまで載ったとなるとなあ。
こういうモヤモヤしたりイライラする時って、逆に仕事に集中できて良い。
余計なこと考えたくないから物凄く仕事に集中できる(普段どれだけ不真面目なのかという話だが)

そりゃまあ。
私はこんな事態一度だって頭をよぎった事すらないけど、プロの選手としてはこういう考えが出てきて当たり前っちゃあ当たり前なんです。
そりゃ契約更改で選手は希望を伝えるからこの時期にこういう話題が出るのは致し方ないさ。

ただ何が残念かって今週末に大事な天皇杯が控えてるという状況で、主将である選手のこういう発言が大々的に報道されてしまう事ですわな。

敦さんは誓志や康平とは影響力が違う。
「チームキャプテンが移籍希望」って、いくらマスコミ報道とはいえ若手に知れたら多少の動揺や影響があるはず。
少なくともサポーターはこれだけ衝撃を受けてるし。
それがこんなに簡単に大事な時期に外に漏れていいのかという、気がするんだよなあ。
気持ちはわかるけど、もうちょっと自分の立場を考えてモノを言わないと。


個人的にいえば、敦さんが鹿島以外のユニを着るなんてあり得ません。
来年はアジアでの闘いも控え、田代さんが代表に呼ばれる可能性も僅かながらあり、マルキは一年無事でいられるか分からない、そんな状況で絶対に必要となる場面は増えるはず。
勿論、本田さんの後を継いだチームキャプテンとしての存在も非常に大事。
それでも鹿島を出たいというなら・・・
これまでのように「ベテランは最後までチームの為に尽くしてくれる」なんていう甘い幻想を破り捨てるしかないな。


移籍が騒がれているのは敦さんだけではありません。
予想されるスタメンのうち3人は代表合宿を終えたばかり。
それでも選手達が集中力途切れずしっかり闘ってくれれば、安心してその次の試合も見てられる。

だけどもしそうでなかったら・・・2年前の仙台の悪夢の再演は充分にあり得ると思う。
ふわふわとしたまま試合に入り、歯車が噛み合わないまま試合終了なんて事も−
勿論本山さんや大岩さん、満男さんあたりが試合を締めてくれるのを願ってはいるけれど、チーム競技は時としてどうにもならない流れに呑み込まれる事もある。


さあ、どうなる天皇杯。
(一番大事なのはここのはずなんだけどなあ)

ていうか、ホントしっかりしてくださいフロント・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ゆきこ at 19:20| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

ベスト11が一人なのに優勝しちゃって「あーいとぅいまてぇーん」

毎年満男がコメントし続け早数年・・・ようやくアウォーズ壇上にチーム全員で上れました。

いや映像見れてないけど・・・見たかった・・・涙
誰かスカパーの映像持ってる方いたら譲ってくださいもうやだ〜(悲しい顔)

そして、最優秀監督受賞、おめでとうございますexclamation×2
これは誰からも文句ないでしょう。というか言わせない。
岩政もベストイレブンおめでとうぴかぴか(新しい)
鈴木啓太の髪型はオダジョーの真似ですか?

鹿島は強かった頃の駒大と似てると思う。
テレビに取り上げられるような選手が少なくても、全ての選手が監督の要求にキッチリ応える。
誰かがいなくても誰かが穴を埋める以上の活躍をする。
それは本当に監督と各選手の能力が高くないとできない事です。
まあサッカー界に比べると評価のされ方は大学駅伝界の方が随分とマトモですけど。
(あ、外人頼みじゃない所も似てるか・爆)


週末は優勝報告会と祝賀会でしたね。
本当にどこのレポを見ても和やかで暖かくて、レポ見てるだけなのにこっちも自然と顔がほころぶような内容だったようでわーい(嬉しい顔)
あの雰囲気を見てるとホントに今年優勝できて良かったなーと思います。(だからこそ今年優勝できたのかも)
祝賀会にいらしていたソシオのあの方の話題で週末は騒がしかったですね。
ああいう事できちゃうのが鹿島らしさというか(^^;)
「おおらかさって一歩間違うと他人に鈍感になるんだな」などと思ってしまったわw


CWCはミランの優勝で閉幕。
ウチの母はインザーギの事を「世界で一番カッコイイ」と言う。
否定はしませんが同意もできません。
まあ私にとって今年のCWCはレオ様に始まりレオ様に終わった大会でした。
ああそれにしてもレオ様のインタビューは本当に感動した・・・
去年0-4の試合を見ていただけに今年の優勝の瞬間もレオ様に生で見て貰いたかったな。
レオ様といいジョルジといい、その鹿島愛を今いる日本人選手達も見習って欲しいものです(笑)
posted by ゆきこ at 23:13| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。